【速報】9歳4か月は世界最年少 囲碁・藤田怜央くん 史上最年少プロ棋士誕生へ 会見で「がんばります」!?

大阪府の小学3年生、藤田怜央さんが来月1日に9歳4か月7日で、2019年に10歳でデビューした中村薫二段(13)を上回る史上最年少でプロ棋士になることが17日午後、記者会見で発表されました。関西棋院によると、中韓の最年少プロ棋士記録を更新し、世界最年少プロ棋士となる見込みです。
藤田玲央] 藤田玲央(記者会見)
藤田玲央(提供:関西棋院)
 4歳から囲碁を始め、週に5、6回、囲碁サロンや道場で腕を磨いてきた怜央さん。一度に8時間も碁を打ったこともあるという「抜かりのない」集中力を持つ。小学校2年生のころには、プロ棋士と勝負し、よく勝っていたという。今年4月、関西棋院は12歳以下でプロ棋士としての可能性を秘めた人を採用する特別枠(英才採用規定)を設け、礼生はその第1号となった。
オセロと同じ白黒」が始まった!
藤田玲央さん(写真提供:ご家族)
 4歳半からトランプやオセロを始め、朝から晩までタブレットでオセロアプリをプレイし、親が暇を見つけては対戦を申し込んできたという。遊ぶ量が多くなり、親御さんがついていけなくなったそうです。そこで、街でオセロ教室を探したが見つからず、「白黒同じだから遊べるかな」と囲碁サロンに連れて行ったという。そこから急成長した。
 藤田玲央の目標は、「世界一」と「7冠」。好きな食べ物は、寿司と焼肉。記者会見では、白い半そでシャツを着て「がんばります」。