いすゞ自動車の期間工ってきついの?給料はいくらくらい貰える?解説!

こんにちは。今日はいすゞ期間工について見ていきたいと思います。
まず、大前提として、いすゞとはどんな会社なのか?
工場はどこにあるのか?
いすゞは、どのような労働者を、どのような条件で雇用しているのですか?
いすゞはどんな従業員をどんな条件で雇用しているのか?
いすゞは1916年に設立され、トラックやバスなどの商用車を主力商品として製造しています。
いすゞは、タイを中心に多くの国でトラックやバスなどの商用車を生産しています。
特にタイなどでは、D-MAXという車を販売しており、トラックよりも知名度が高いようです。
まあ、非常に歴史のある会社で、世界的にも有名な会社です。
では、どんな仕事をしているのでしょうか?
どんな工場があるんだろう?
まず、いすゞの仕事は、一言で言えば「トラックを作る組み立て作業」です。
組立作業というのは、一言でいうと「部品を加工したり、塗装したりすること」です。
さて、いすゞ自動車の社員の仕事は、「トラックが完成するまで、その作業を担当すること」です。
工場についてですが、いすゞは日本に2つの工場を持っています。
ひとつは、神奈川県藤沢市(海の近く)にある藤沢工場。
海が有名な逗子葉山や由比ヶ浜に近く、休日のアクティビティを楽しみたい方や、海を見てリフレッシュしたい方におすすめです。
もう一つは、栃木県栃木市にある「栃木工場」です。
こちらは、人混みが苦手で豊かな自然しかない方、心を落ち着かせたい方、邪念を払ってお金を貯めたい方におすすめです
大きさでは、藤沢工場が圧倒的に大きく、東京ドームの約23倍もある。
いすゞは基本的に常時採用で、特に藤沢工場が多い。
(面接時にどちらの工場で働きたいかの希望を伝えることができます)。
福利厚生はかなり充実しており、後ほど嫌というほど説明しますが、特に「熟年手当」は非常に手厚いです。
この特典を目当てに、いすゞに応募される方も多いんですよ。
いすゞの労働期間の特徴は、まず「日給制」です。
実は、いすゞの日給は、2017年、2018年、2019年と毎年上がっています。
現在は1日1万円までとなっており、かなり高額です
先ほども少し触れましたが、いすゞの期間工(特に日給)の待遇は改善されつつあります。
2016年8月までは日給9,200円だったのですが、2016年9月から50円アップしています。
2017年現在、9,200円だった日給は9,250円にアップしています。
そして、2018年8月現在、賃金日額は10,000円にアップしています。
2021年の福利厚生更新として、入社祝い金として20万円の赴任手当を支給する予定です
コロナウイルスの影響でメーカーが厳しい状況にあるため、福利厚生の更新は難しいが、多くのメーカーが採用を中止・縮小する中、いすゞは積極的に採用活動を行っているのはありがたいですね。
この他のいすゞの情報については下のページで紹介していますので、ぜひ一度チェックしてみてください。
いすゞの期間工の特徴