オブジェを作るのは楽しいのだ

こんなには何だな少し心が痛みました植物たちの声を無視して勝手に切っていくことはまるで暴力を振るっているようでしたやがて頼むよどうして急に彼には聞いている処分には…も何も何も静かだとてもとても押しつぶされそうなくらい心の声が聞こえなくなりました。
やがて時が道お嬢様が結婚することになりました分かっていました報われない元 もう作っていきましたギターは僕だしょぼんはそう信じていましたそれでそれで僕の恋は報われるでもオブジェを作るリーダーはその願いはあさぴーだ本当ですかあ君だ頑張ります水泡に消えました誰よりもお嬢様の好みを理解した誰よりもお嬢様好みの庭にした。
ずっとずっと沢山の声を無視してまでしょぼんは呆然と立ち尽くすだけでした夜に一人で庭の木々を見ていた時ですとても懐かしい彼らの声が聞こえてきました