中国ドラマ「エイラク」のトライアングルラブに注目!見どころなどを紹介!

近年、中国の宮廷ドラマが日本で急速にファンを増やしている。
宮廷ドラマが女性視聴者に人気の理由は、皇帝の寵愛を狙う女王たちの陰惨な覇権争いだけでなく、近年特に女性視聴者の心を捉えている洗練された恋愛描写にもある。
なかでも、2018年No.1ヒットとなった『エイラク』の三角関係が注目されている。
女性視聴者の心をくすぐるポイントをご紹介します。
物語の舞台は清朝・乾隆帝の時代。
乾隆帝は清朝の全盛期を築いた人物で、このドラマでも壮大で荘厳な皇帝として登場します。
しかし、このドラマの乾隆帝は、皮肉屋で口が悪く、いつも神経質な「ボスキャラ」(漫画ではそう呼ばれている)である。
自分の宮に入ったばかりのヒロインエイラクがひるむことなく言いたいことを言うのを恨みつつも、彼女の知性と強さを気にかけずにはいられないのだ。
従順な妃にへりくだることに慣れた男にとって、自分の思い通りにならないエイラクの姿は腹立たしくもあり、魅力的でもある。
乾隆帝を演じるのは、ベテラン俳優のニー・ユエン。
このハンサムでセクシーな俳優の意外な口癖とデレデレ攻撃に惚れ惚れすること間違いなし。
一方、乾隆帝に嫌われていると思っていたユウは、皇后の弟であるフー・ヘンと友情を育んでいた。
フー・ヘンは身分が高いだけでなく、若くて文句なしのイケメン。
また、独立心の強い岳父を優しく気遣い、尊敬しており、その強い正義感から、岳父のピンチを救うこともしばしば。
まさに「白馬の王子様」的なキャラクターである。
フー・ヘンを演じるのは、モデル出身の新人俳優で、本作で大ブレイクしたシュウ・カイ。
美しい顔立ちと真剣な眼差しで、宮廷の女性たちがこぞって恋する宮廷アイドル、フー・ヘンにぴったりだ。
フー・ヘンはユー・ヘンと恋に落ち、やがて彼女と結婚することを決意する。
両親は身分の低い女性との結婚に反対するが、それでもフーヘンは姉である皇后に「あなたを愛しています、何でも受け入れます」と言う。
そして、妹である皇后に「一生面倒を見ます」と誓う。
そして、乾隆帝に結婚を申し込む。
この時代、貴族は皇帝と両親の許可がなければ結婚できなかったからだ。
しかし、乾隆帝は芙蓉の願いを聞いて激怒し、魏を召還する。
出世したければ、私を誘惑しなさい。すべてを与えよう。
表向きは、玉座を手に入れるために玉英が芙蓉を誘惑したことに怒っているが、実際は芙蓉を自分の女にしたいがために嫉妬心を爆発させているだけなのである。
結局、ユーインとフーヘンは引き裂かれてしまうが、フーヘンは彼女をあきらめない。
彼女の善行を手柄にするために出征し、その見返りとして乾隆帝に玉英と芙蓉の結婚を認めてもらおうとする。
しかし、3年後に宮廷に戻ると、ユエは乾隆帝の妻になっていた。
この三角関係はどうなるのか?
ちょっとあらすじ的にご紹介しましたが、このトライアングルラブは本当に見ものです。
エイラクについて詳しくはコチラをチェック。
中国ドラマ「エイラク」の魅力と動画視聴方法
あらすじやみどころ、動画の視聴方法などを詳細に解説しているので是非ご覧ください。