久しぶりにお気に入りの韓国料理店に行き女子会ランチをしました

女3人で近くにある韓国料理のカフェでランチをしました。
先月は久しぶりに再会したので、ランチが安くておすすめだといううなぎ屋さんに行きました。私ともう一人のアメリカ人はウナギが苦手でメニューを見て1500円くらいのランチ和定食に決め、うなぎ屋さんを提案したもう一人は「えー」と言いながら「ここのウナギは美味しいのよね」ということでランチのうな丼を頼むことにしました。
そして大将にランチを頼むと今日はランチをやっていないというそっけない返事。平日なのになぜランチをやっていないのか良く分らないが仕方なく通常のメニューからそれぞれお寿司とうな重を頼みました。値段は2000円ちょっとだったかな。
アメリカ人のAさんはいつものお寿司よりずっと美味しいと感激していました。ウナギを食べたUさんももちろん満足していましたよ。少し世間話をしましたがなんか居心地が悪くてそうのんびりした気分にはなれず、そこそこに店を後に。天気の良い午後でしたがこれからお茶をしようという提案はありませんでした。そうして来月はもう少し予算が抑えられそうな韓国料理を食べに、という事になったのです。
そして当日。何回か行ったことがあるお店なので3人ともほぼメニューは決まっていて、Aさんはチャプチェ、Uさんはトッペギ、私は小豆粥にしました。チャプチェもトッペギも野菜が沢山入っていて美味しいです。特にトッペギは家でも真似できそうなお鍋でまた辛さも自由に選べるそうです。私はこのところ胃腸の調子が良くないのでお粥にしたのですが、自分で作りそうもない小豆粥を選びました。粒があって甘みが無いぜんざいのようなお粥といったところでしょうか。餅も入っており小豆の香りがしっかりとしてとても美味しかったです。量が多いので少しばかり持ち帰りました。この店のドリンクも美味しいのでコーヒーやカフェラテなどを飲みながら近況を話して今月の女子会は終わりました。来月は皆のスケジュールが一致しなかったのですが、私が映画を見に行く予定があるというとそれが次回の月例会となりました。近くの市民会館で上映される映画なのでワンコインなのよと言ったところが大きな決め手だったようです。だんだんとコストが下がってきたような。
私は帰り際に熱々の海鮮チヂミをテイクアウトしました。これもいけますよ。
Java ポートフォリオ