森喜朗氏は論外!「銅像として残したくない政治家」ランキング1位は「あくどい顔」のお坊っちゃん!?

今年5月、森元首相の胸像を建てるための募金活動が開始された。森元首相といえば、女性蔑視発言で東京五輪の組織委員会会長を辞任した。今回、東京五輪のスポンサー企業との “蜜月 “が明るみに出たばかりだ。このような「政治家」のイメージを後世に残す必要があるのか、疑問視する声が相次いでいる。そこで、18歳から70歳までの有権者1,000人を対象に、緊急アンケートを実施しました。
 東京オリンピックのスポンサー選定で、金銭の授受があった事実が次々と明るみに出ている。世界的なスポーツの祭典が私利私欲で汚され、その結果、「ある計画」に火がついた。
 その計画とは、森喜朗元首相の胸像を建てるというもの。東京五輪組織委員会の橋本聖子前会長ら15人が、今年5月から胸像建立のための資金集めを続けていた。
 森元首相は「女性との面会は時間がかかる」など女性蔑視発言で2021年に東京五輪組織委員会の会長を辞任し、今回の汚職事件への関与が疑われている。そんな男の銅像はいらない! しかし、世間を見る限り、「こんな人の銅像はいらない」という人のほうが多いのでは?
 そこで、『週刊女性』は緊急アンケートを実施。全国の18歳から70歳までの有権者1,000人に「銅像になってほしくない政治家」を選んでもらったのだ。編集部では、現在国会議員で、首相や大臣を務めたことのある政治家25人を候補に挙げ、それ以外の政治家も選べるように自由記述欄も設けました。
祖父のような偉大さも政治力もない。
 1位は、202票を獲得した麻生太郎氏。今年9月に82歳になる麻生元総理は、戦後最長の財務大臣を務めた稀有な政治家である。同時に、失言が多いことでも知られている。
長い間政治家として活躍してきたのはわかるが、彼の発言や行動を見ると、上から目線で自己保身しか考えていないように見えてとても心配になる」(52歳女性)、「悪そうでこわい。近くに銅像があって毎日見ていたら大変」(34歳男性)、「祖父の吉田茂ほど偉大ではないし、政治力もない」(45歳女性)など。