高級ダウンジャケットのクリーニングなら高くてもひらいしやがおすすめな理由

ダウンジャケットというのは見た目的に汚れているような感じがしなくても、年に1度はクリーニングに出しておくことをおすすめします。なぜ汚れてないのにクリーニングに出した方がいいのかというと、目には見えてない繊維の部分は汚れているからです。例えば、ダウンジャケットの襟首部分の繊維は汗や皮脂をたっぷり吸い込んでいるため、見た目としては汚れていなくても放っておくと黄ばみになる可能性があります。
実際に黄ばんだ後にクリーニングするのと、黄ばむ前にクリーニングするのとでは、クリーニングする時間や手間も変わってきます。もちろんダウンジャケットが黄ばんだ後のほうが料金的には高くつくので、年に1回はクリーニングに出した方がいいのです。しかし、高級なダウンジャケットとなると安易にどこでもクリーニングに出したくないですよね。
というのも、過去にダウンジャケットのクリーニングでボリューム感がなくなったり、石油臭の臭いが染みついたりした経験がある方にとって、高級ダウンジャケットをクリーニングに出す心理的なハードルがかなり高くなっているからです。高級ダウンジャケットがどんなものかも定義しておく必要もありますよね。ここで言う高級ダウンジャケットというのは、モンクレールやカナダグースクラスのことを言っているつもりです。
もちろん水沢ダウンやアルマーニ、プラダやバーバリーなども高級ダウンジャケットに含まれていると思います。しかし、ハイブランドのダウンジャケットをたくさんあげてもキリがないので、ここではモンクレールとカナダグースを高級ダウンジャケットの代表格ということにしておきます。
実際にモンクレールやカナダグースをクリーニングに出すとして、近所や通勤先を中心にクリーニング店舗を探して、ここなら出してもいいかもしれないってところが見つかるでしょうか。というのも、私自身も高級ダウンジャケットを近所という基準で探していたときは、めぼしいクリーニング店は見つかりませんでした。そこでネットでモンクレールやカナダグースがクリーニング出来そうなところを探してみると、少ないですが試してみたいところが見つかったのです。
私がモンクレールやカナダグースのクリーニングにおすすめするのは、福島県にある「ひらいしや」というダウンクリーニング専門店です。ひらいしやの口コミをチェックしましたが、しっかりしたクリーニング料金を取っているだけあって、クリーニング品質的にはかなりレベルが高いことがわかりました。
参考記事:https://deli-cleaning.com/hiraishiya/
ひさいしやさんはモンクレールやカナダグースのメーカーが修理できない部分も、しっかり修理してくれるので、クリーニングだけではなくリペアまで依頼できる高級ダウン専門の宅配クリーニングです。高級ダウンジャケットを着るような人は、購入した時点で高い買い物をしているわけですから、安くクリーニングを済ませるのが優先順位のイチバンというタイプではありません。
むしろ失敗しないとわかったら少々クリーニング料金が高くても、モンクレールやカナダグースをきれいにするために、しっかりとお金を支払いたいと考えているタイプが多いと思います。ハイブランドの高級ダウンジャケットのクリーニングは、料金よりも品質が圧倒的に重視されます。ダウンジャケットの汚れがしっかり落ちる水洗いで、ヒアリングしながら納得ずくでクリーニングを進めてくれるひさいしやさんなら、出すとこに困っていた高級ダウンジャケットを預けても良さそうです。